唐長本店(修学院)

唐長本店では唐紙のご相談と打ち合わせのみ対応しております。(完全予約制)不定休です。

  (見学はお受けしておりません。)

tel:  0757214421   email  karacho@vega.ocn.ne.jp     

*唐紙ショップはオンラインショップをご利用ください。

唐長本店 所在地:

〒606-8027京都市左京区修学院水川原町36−9

・5年後は唐長創業400年。

唐長の創業は寛永元年(1624)、そして2024年は創業400年に当たります。今も現役の唐長当主千田堅吉と郁子夫妻は1970年に先代から唐長を引き継いで以後、約45年にも及ぶ長い期間をこの修学院の地で唐長本店を守り続けて来ました。あと数年にて唐長400年の節目の年になります。2024年に向けて夫妻は長い間に培った独特の感性、美感覚を生かして唐長の歴史と唐紙文様の掘り起こし作業を進めております。幸いにも親しい大学の先生方が唐長の歴史を古文書等で紐解き、或いは唐長文様の歴史を世界的にも知れるケルト文様との関連性などの研究等、唐長に絶大なご協力とご支援のおかげで夫妻を中心に唐長400年事業に向けて着実に進み始めました。そしてまた、イタリアに詳しい30年来の知人が世界遺産にもなっている北イタリアのカモニカ渓谷の一万年前の岩絵を見学し、そこの空気感は唐長の世界に通じると体感されました。そのことを聞いた夫妻は推測の域を出ないものの、唐長文様のルーツは一万年前に遡るのでは?と大きな感動を覚えました。このように千田堅吉、郁子夫妻は年を重ねても尚このことを軸に日々、唐長の仕事に励んでおります。  唐長本店(修学院)                                                                                                                                                                  

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

・茶方好みの唐長文様。千家大桐:細渦:太渦



・唐紙づくり50年  千田堅吉

・板木蔵

 ・板木蔵

修学院にある唐長本店には唐長の江戸時代の先祖たちが彫った唐紙板木が厳重な管理のもとに所蔵されています。

そしてその数は650種にも及びます。それらの文様は全て四百年の時代に淘汰されて、洗練されたものばかりで現代でも尚、モダンな文様として多くの顧客から期待されています。そこに唐長独特の色感覚が加わって今も、唐紙の世界のトップリーダーの誇りを持ち、クォリティーの高い唐紙を作り続けています。

 

                    唐長本店 千田堅吉

 



唐長文様集(唐長本店資料より) ©KARACHO

Karacho: A Treasurehouse of Woodblock Designs

Since it was established in 1624, Karacho has produced karakami (traditional Japanese paper printed with woodblocks) for fusuma sliding doors at noted temples, tea-ceremony rooms, and historical sites such as Katsura Imperial Villa. The Kyoto-based company also makes wallpaper and folding screens for traditional machiya townhouses.

At the beginning of its long history, Karacho, which has been overseen by the same family for 12 generations, produced paper for books designed by legendary artists such as Honami Koetsu and Tawaraya Sotastu. The company maintains a collection of 650 woodblocks, many of which were carved in the Edo Period (1603-1868) and are still in use today.