唐長本店(修学院)


・唐長カレンダー2020

8月の唐長カレンダーに「さざ波」文の唐紙を添えました。 陽光を浴びた小さな波が漂う夏の海を思わせます。

・5年後は唐長創業400年。

唐長の創業は寛永元年(1624)、そして2024年は創業400年に当たります。唐長を引き継いで50年に及ぶ長い期間をこの修学院の地で唐長本店を守り続けて来ました。そして2024年に向けて長い間に培った独特の感性、美感覚を生かして唐長の歴史と唐紙文様の掘り起こし作業を進めております。幸いにも親しい大学の先生方が唐長の歴史を古文書等で紐解き、或いは唐長文様の歴史をケルト文様との関連性などの研究等、唐長に絶大なご協力とご支援のおかげで唐長400年事業に向けて着実に進めています。

そしてまた、イタリアに詳しい30年来の知人が世界遺産にもなっている北イタリアのカモニカ渓谷の一万年前の岩絵を見学し、そこの空気感は唐長の世界に通じると体感されました。そのことを聞いて推測の域を出ないものの、唐長文様のルーツは一万年前に遡るのでは?と大きな感動を覚えました。(唐長本店当主 千田堅吉)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

・板木蔵

 「650種の板木を所蔵する板木蔵」

修学院にある唐長本店には唐長の江戸時代の先祖たちが彫った唐紙板木が厳重な管理のもとに所蔵されています。

そしてその数は650種にも及びます。それらの文様は全て四百年の時代に淘汰されて、洗練されたものばかりで現代でも尚、モダンな文様として多くの顧客から期待されています。そこに唐長独特の色感覚が加わって今も、唐紙の世界のトップリーダーの誇りを持ち、クォリティーの高い唐紙を作り続けています。

 

                    

 

・輪宝文の「左うちわ」

唐長文様「輪宝文」は板木文様650種の中でも最も縁起の良い文様です。

それは限りなく広がる七宝輪つなぎの間に長寿の亀甲が埋められて、丸は瑞雲、丸の中は8つの宝物づくし、そして中心に厄除けで有名な本命の輪宝文があります。それらはどれも吉祥文です。

左うちわは夏に涼感を呼ぶ実用的なうちわでもありますが外へ出入りする玄関や大切なところにいつも飾ることによって、縁起文様がゆるやかな風となり、お家の隅々にまで広がって人々の安らぎと無事を願います。

・「双葉葵色づくし」

唐長は襖、壁のような大きな唐紙ばかりでなく、暮らしに身近な小さな唐紙も制作して来ました。その一つが「双葉葵色づくし」と呼ぶハガキの大きさの唐紙セットです。内容は上品な薄色10色が各10枚ずつの双葉葵の唐紙集です。主にお便りなど字を書く唐紙に適していますが、プリンターにも対応しています。他にもお菓子をのせたり、紙細工など用途は広がります。




Karacho: A Treasurehouse of Woodblock Designs

Since it was established in 1624, Karacho has produced karakami (traditional Japanese paper printed with woodblocks) for fusuma sliding doors at noted temples, tea-ceremony rooms, and historical sites such as Katsura Imperial Villa. The Kyoto-based company also makes wallpaper and folding screens for traditional machiya townhouses.

At the beginning of its long history, Karacho, which has been overseen by the same family for 12 generations, produced paper for books designed by legendary artists such as Honami Koetsu and Tawaraya Sotastu. The company maintains a collection of 650 woodblocks, many of which were carved in the Edo Period (1603-1868) and are still in use today.     


 唐長
商標番号4583125号